高血圧の放置と動脈硬化の進行

高血圧の放置と動脈硬化の進行

高血圧の放置と動脈硬化の進行

上の数値が140mmHg、下の数値が90mmHg以上の人は、高血圧と診断されることになります。
高血圧は生活習慣病に含まれますが、適切な対処をしないままだと、さらなるトラブルを招くことになります。
病気を放置していると動脈硬化が悪化するといわれているのです。
この動脈硬化は文字通り動脈が硬くなり、血流が悪化することなのですが、進行すると色々な臓器障害を引き起こすという厄介な性質を持っているのです。
脳や心臓、腎臓というように、重要な働きをしている臓器に障害を起こすのが恐ろしいところです。
たとえば、脳の障害というと脳梗塞や脳出血があります。
心臓の障害だと心筋梗塞、狭心症、腎臓の障害だと腎不全や腎硬化症を挙げることができます。
これら全て動脈硬化の進行により発生リスクが増大しますが、こうした合併症を引き起こすのが高血圧による動脈硬化進行の危険なところなのです。
また、動脈硬化により血流がなくなるケースもあります。
このようなことがたとえば脚に起こると、痛みや冷えの症状が引き起こされたり、歩行が困難になったりします。
最悪の場合、脚を切断するしか手の施しようがなくなることもあるので、高血圧というのは実は非常に深刻な体の悩みなのです。
また、現状において血圧が高め程度だという場合、まだ大丈夫と思う人もいることでしょう。
何か症状があり、病院で高血圧と診断されてから治療をしようと考えるかもしれませんが、高血圧には自覚症状がありません。
そのため、まだ大丈夫と思っているうちに重症になり、動脈硬化が進行しているといったことも十分に起こり得るのです。
したがって、病気になる前から血圧の管理をし、予防に努めたほうが良いのです。
また、今はメタボリックシンドロームの人が多数いますが、該当する人は血圧値が高めの状態です。
加えて血糖や血液脂質も正常とはいえない状態ですが、このメタボも動脈硬化を進行させます。
単純に血圧が高めなだけという人より多くの体の悩みがある状態ですので、解消を目指しましょう。

Copyright (C)2016高血圧の放置と動脈硬化の進行.All rights reserved.